倒産(とうさん) 企業が経営に行き詰まって借金が膨らみ、事業の経営が難しくなった状態。倒産した企業は裁判所に対し、会社をなくして財産を処分・配分する「破産」「特別清算」、もしくは会社を残しながら裁判所の監督下で再建を図る「民事再生」「会社更生」のいずれかの手続きを申請する。民事再生は原則として経営陣が残って経営することができる一方、会社更生では旧経営陣は経営から離れ、経営陣が管財人に引き継がれる。会社更生法による再建した企業の事例として、2010年1月に破綻して同法の適用を申請した日本航空がある。京セラ名誉会長の稲盛和夫氏が会長に就き、企業再生支援機構が3500億円の公的資金を投入。日航は、人員削減や不採算路線からの撤退などの合理化によって再建を進めた。