就職活動(しゅうしょくかつどう) 日本企業の多くが横並びで選考を行い、卒業と同時に入社を求める新卒一括採用方式を取っている。企業側としては採用計画が立てやすく、新人研修を効率的に実施できる利点がある。一方、日本経済団体連合会(経団連)は国際社会との競争のため、既卒者や留学生も採用試験を受けやすい通年採用の拡大や、職務を明確にして専門性を求める「ジョブ型」雇用の必要性を挙げている。