JERA(じぇら) 中部電力と東京電力(現東京電力ホールディングス)の折半出資で2015年に設立。中電・東電両社の燃料調達部門や発電事業が19年4月までに順次移管され、世界最大級の火力発電会社となった。液化天然ガス(LNG)の取引量では、全世界の1割ほどを占める。世界的な環境意識が高まる中で、国内外での再生可能エネルギー発電所開発にも力を入れる。社名はJapan(日本)、Energy(エネルギー)の頭文字とEra(時代)を組み合わせた造語。