カーボンニュートラル(かーぼんにゅーとらる) 工場や発電所、自動車などから排出される二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの量について、森林による吸収分などを差し引いて実質的にゼロになった状態。実質ゼロを目指すことを「脱炭素」、実現した状態を「脱炭素社会」とも呼ぶ。地球温暖化に歯止めをかけるために2015年に採択された国際枠組み「パリ協定」を踏まえ、各国が実質ゼロを達成する目標時期を表明している。日本では菅義偉首相が20年10月の臨時国会の所信表明演説で、50年までの実現を目指すと宣言した。そのための取り組みとして自動車の電動化を推し進めるほか、発電では石炭火力の代わりに太陽光や洋上風力、水素発電などを活用することによって達成を目指す。