ういろう(ういろう) 名古屋土産定番のお菓子。かみ応えのある、もっちりとした食感とほのかな甘みが人気。米粉と砂糖にお湯を加えて練り、蒸し上げる作り方が一般的。スタンダードな「白」のほか、黒砂糖、抹茶、こしあんなどの味も楽しめる。1659(万治2)年創業の和菓子店「餅文総本店」(名古屋市)が名古屋ういろの元祖とされる。餅文総本店と老舗の「大須ういろ」(同市)などは「ういろ」、「青柳総本家」(同市)は「ういろう」と店によって表記が分かれる。1964(昭和39)年の東海道新幹線開業の際に、車内販売されたことで知名度を上げた。