日々、さまざまな動画が投稿されるユーチューブは娯楽用のツールだと思われがちだが、実は教育コンテンツも充実しており、そのクオリティーの高さから使い方によっては学習にも大いに役立つことに気づかされた。

 ある中学校の入試問題を解説する動画では、中学校や高校で学ぶ数学の公式を用いて解くような問題を、小学校の学習内容を駆使して解いており、非常に興味深いと感じた。学習内容をツールに例えるなら、その使い方次第でさまざまな可能性が広がるのである。

 ユーチューブしかり、世の中はさまざまなツールであふれているが、自分が知らない機能や、まだ気づいていない使い方がたくさんあるのではないだろうか。DX(デジタルトランスフォーメーション)やITの活用が急速に進む現在、仕事やプライベートで利用できるツールは増えている。

 せっかく導入したツールだ。入れるだけで満足するのではなく、その能力を最大限に発揮させられるよう、使い方を工夫していこうではないか。(十六総合研究所研究員 松井貴大)