5月名古屋駅 東海キヨスク調べ

2022年6月7日 17:45(2022年6月7日 17:58更新)

1位 赤福餅(赤福)

 300年以上の歴史をもつ「赤福餅」。独特の形は、伊勢神宮神域を流れる五十鈴川のせせらぎをかたどり、餡につけた三筋の形は清流、白いお餅は川底の小石を表しています。 8個入800円。

2位 ゆかり(坂角総本舗)

 江戸時代に由来する伝統と技で、新鮮な海老の身を丹念に焼き上げた深く香ばしい味わい。パッケージに名古屋城をあしらった名古屋限定商品「黄金缶」はご進物にも人気です。12枚入1080円、名古屋黄金缶10枚入918円。

3位 小倉トーストラングドシャ(東海寿)

 食パンそっくりの四角く薄いラングドシャ。焼き目を付けて食パンの耳を再現。中のあんは、小倉あんの風味がきいたチョコ。サクっとした食感と絶妙な甘さは、まさに小倉トーストです。10枚入780円。

4位 うなぎパイ(春華堂)

 昭和36年の誕生時から今に至るまで職人による手作りを継承しています。数千層もの繊細なパイ生地は職人が長年培った経験と勘によるたまもの。そんな繊細なうなぎパイですが、原材料は至ってシンプル。ゆえにその一つひとつには厳選した素材だけを使用しています。12本入1058円、うなぎパイVSOP5本入981円。

5位 じゃがりこ手羽先味(カルビー)

 独自の製法で“はじめカリッとあとからサクサク”の心地よい食感が楽しめます。ピリッと旨辛胡椒味です。スパイシーな味わいがクセになるおいしさです。パッケージの色合いは、手羽先のイメージでオレンジ色を採用。名古屋らしく、キラッと輝く金箔をほどこした、華やかで美しい仕様です。新しくなった内袋のダジャレも、お楽しみください。160グラム864円。

6位 シュガーバターサンドの木 お抹茶ショコラ(グレープストーン)

 日本有数の抹茶の里、愛知県西尾。 香り高い抹茶とコク深い抹茶、2種類の石臼挽きした西尾抹茶をショコラとともにとろりと練りあげました。 生地にも西尾抹茶を練りこんで、これまでにない抹茶づくしの一品です。名古屋地区だけの、特別な味わいをどうぞ。10個入813円。

7位 スライムういろう(青柳総本家)

 「ドラゴンクエストウォーク」リアルおみやげプロジェクトとして、「スライムういろう」を発売。青柳総本家と「ドラゴンクエスト」の世界観が融合したペッケージを開けると、そこには3匹のスライムが。定番ういろうに加え、みかん味、キウイ味のういろうが楽しめます。3個入864円。5月15日に販売終了しました。

8位 味仙台湾ラーメンセット(コーミ)

 名古屋のご当地グルメでおなじみの味仙の人気メニュー『台湾ラーメン』を簡単に味わえる、ご当地グルメ(名古屋めし)セットです。生麺のような食感を楽しめる乾麺と、豚ひき肉入りのスープ、そして乾燥ニラが2食分入っています。元祖台湾ラーメンのお店“味仙今池本店”の監修。2食入1080円。

9位 金しゃちショコラ(コロンバン)

 名古屋の代名詞「金しゃち」をパッケージにデザインした名古屋土産の新定番です。薄く焼き上げたココア入りのラングドシャ生地でスイートチョコレートクリームをサンドしました。サクサクとした食感とほろ苦い風味をお楽しみください。21枚入1080円。

10位 カエルまんじゅう(青柳総本家)

 名古屋土産の定番・青柳総本家の「柳に飛びつくカエルのマーク」をモチーフにした人気のおまんじゅう。お味は「こしあん」と季節限定のお味もございます。6個入842円。

おすすめ商品 塩キャラメルクロッカン(オー・デリス・ドゥ・シバタ)

 シェ・シバタから新商品が登場。『フランス産ゲランド塩を使用した塩キャラメルクリーム』を2層にサンドして食感のあるフィアンティーヌで仕上げた、『厚みのあるザクザクとした食感』のウエハースです。6個入594円、12個入1080円。