最低賃金を巡る協議が中央最低賃金審議会(厚生労働相の諮問機関)で始まった。物価高騰が国民生活を直撃する中、全国平均930円からの大幅引き上げを主張する労働者側に対し、経営者側は中小企業への配慮を要望。政府は引き上げに期待感を示す。非正規労働者が多く加入する全国ユニオンの鈴木剛会長と日本商工会議所の塚本隆史労働委員長に話を聞いた。