そもそも中小企業がなぜ脱炭素経営に取り組まなければならないのか。そして、何をしたらいいのか。

 そんな疑問への答えを得るべく、名古屋大大学院環境学研究科の杉山範子特任准教授に背景を、企業の二酸化炭素(CO2)排出量算出を支援する「ウェイストボックス」(名古屋市)の鈴木修一郎社長に進め方を聞いた。(佐久間博康)


【連載イントロダクション】←こちらで連載全体の概要を紹介しています。