ぜんじゅしでんち

電極や電解質などを樹脂に置き換えたリチウムイオン電池。スタートアップのAPB(東京都千代田区)と三洋化成工業(京都市)が共同開発した。電極と集電体の厚みの向きに対して電流が垂直方向に流れるバイポーラ積層型のため、従来型のリチウムイオン電池より部品点数が少なく、製造時間やコストの削減が期待できるほか、発火の危険性がない利点もある。