→
法人限定 中日BIZナビ 無料トライアル受付中!

有松絞

ありまつしぼり

2021年4月1日
印刷する

名古屋市緑区の旧東海道沿いの有松・鳴海地域で生産される絞り染めの織物。1608(慶長13)年に尾張藩の御用商人・竹田庄九郎が街道を行き交う旅人に売り出したのが始まりとされる。伝統の絞り技法は100種類以上に及ぶ。江戸時代の浮世絵師・歌川広重の「東海道五十三次」にも登場した。2019年には、「江戸時代の情緒に触れる絞りの産地」として、文化庁の日本遺産に認定された。

PAGE TOP