しるこさんど

あんこをビスケット生地で挟んで焼き上げた四角形の菓子で、愛知県小牧市の松永製菓が1966(昭和41)年に発売したロングセラー商品。創業者の故松永守市さんが和菓子のあんこと洋菓子のビスケットを組み合わせ、「和洋折衷」のオリジナル商品を作ろうと考えて開発した。全国のスーパーやドラッグストアを中心に販売し、愛知県西尾産の抹茶を使ったシリーズ商品もある。