じこしほんりえきりつ

自己資本に対する純利益の割合で、企業の収益性を測るための指標。株主が株式購入で投じた資本を、経営者が効率的に使ってどれだけ利益を上げたかを示し、英語表記のReturn On Equityの頭文字をとってROEと呼ばれる。ROE(%)=当期純利益÷自己資本×100で計算される。一般に数値が高いほど経営効率が良いとされるが、自己資本が極端に少ない場合のほか、多額の借金や自社株買いによってもROE数値を意図的に高めることができるため、一概には言えない。以前は、株主資本利益率とも呼ばれていたが、2006年の会社法施行などにより、自己資本と株主資本が異なるものだと定義付けられた。