→
法人限定 中日BIZナビ 無料トライアル受付中!

自己資本比率

じこしほんひりつ

2021年4月1日
印刷する

総資本(負債および純資産)のうち、資本金や利益剰余金など自己資本の占める割合のこと。経営の健全性を判断するために用いられ、自己資本比率が低ければ借入金など負債が多く、逆に比率が高ければ、返済義務のないお金が多いこととなり、一般に倒産しにくい企業とみなされる。銀行については基準があり、国内業務に特化する銀行は4%以上、海外にも支店を持つ銀行は8%以上を維持しなければならず、これを下回ると金融庁が経営改善計画の提出・実施を命じる。0%未満の場合は、業務の全部または一部の停止命令となる。

PAGE TOP