げんかしょうきゃくひ

建物や機械など、長い期間にわたって使う固定資産を企業が買った後に、耐用年数に応じて計上する費用のこと。購入した際に全額を費用として計上するのではなく、利用できる年数で割って算出し、決算期ごとに配分する。例えば20億円で購入した機械の耐用年数が10年間であれば、毎年2億円ずつ資産価値が減ると考え、損益計算書(PL)で毎年2億円を費用として計上する。