くりのべぜいきんしさん

将来戻ってくると見込んで、払いすぎた税金を資産として計上する会計の勘定科目。企業会計上の収益と費用、税務上の益金と損金の差を調整する役割を果たす。ただ、翌年度以降の業績が悪化すると、取り崩しを迫られるため、自己資本比率が低下し、財務状況が悪化する。