かーぼんぷらいしんぐ

二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出量をお金に換算して評価し、企業に対して排出を減らすように促す取り組みのこと。脱炭素社会を目指すための手段の一つとして注目が高まっており、具体的には炭素税や排出量取引などの仕組みがある。炭素税は排出量に応じて企業に課す税金で、日本では「地球温暖化対策税」という名称で導入している。排出量取引は、企業に対して国が排出量の上限(キャップ)を決め、上限を超えた企業は下回った企業から削減が必要な分を買い取るなどの取引をできるようにする制度。海外で導入事例がある。