おぐらとーすと

バターかマーガリンを塗ったトーストに、たっぷりの小倉あんをのせた名古屋名物の喫茶店メニュー。「あんトースト」と呼んだり、あんをトーストで挟んで出したりする店もある。発祥として伝わるのが、名古屋・栄にあった喫茶店「満つ葉(まつば)」。ぜんざいが人気メニューだった同店では1921(大正10)年ごろ、ハイカラブームに乗ってバタートーストを出し始めたところ、旧制八高(現・名古屋大)の男子学生たちがトーストをぜんざいにくぐらせて食べ、それを見た店主があんをトーストで挟んだメニューを考案したという。満つ葉は2002年に閉店した。名古屋市西区の円頓寺商店街には、満つ葉から戦前の1933(昭和8)年にのれん分けして開業した老舗喫茶店「まつば」がある。