もりむらぐるーぷ

1876(明治9)年に森村市左衛門、豊の兄弟が東京・銀座で始めた貿易会社「森村組」(現森村商事)から発展した世界的なセラミック分野の企業集団。1904年に日本陶器合名会社(現ノリタケカンパニーリミテド)を設立。17年に日本陶器合名会社から衛生陶器部門が分離して東洋陶器(現TOTO)、19年に碍子(がいし)部門が分離して日本碍子(現日本ガイシ)が設立された。36年には日本碍子から点火プラグ部門が分かれ、日本特殊陶業が設立された。分社化は森村市左衛門の「いかなる事業も二兎(にと)は追わずに一つの経営に専心すべき」とする「一業一社」の精神に基づく。