えすでぃーじーず(じぞくかのうなかいはつもくひょう)

より良い世界を実現するために国連が2015年に掲げた17分野の開発目標。30年までの達成を目指し、「①貧困をなくそう」「②飢餓をゼロに」「③すべての人に健康と福祉を」「④質の高い教育をみんなに」「⑤ジェンダー平等を実現しよう」「⑥安全な水とトイレを世界中に」「⑦エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」「⑧働きがいも経済成長も」「⑨産業と技術革新の基盤をつくろう」「⑩人や国の不平等をなくそう」「⑪住み続けられるまちづくりを」「⑫つくる責任、つかう責任」「⑬気候変動に具体的な対策を」「⑭海の豊かさを守ろう」「⑮陸の豊かさも守ろう」「⑯平和と公正をすべての人に」「⑰パートナーシップで目標を達成しよう」と示している。企業でもSDGsの取り組みとして、食品や包装容器のリサイクルによる環境保全、男女平等社会の実現、貧困をなくすといった目標を掲げる動きが生まれている。SDGsは「Sustainable Development Goals」の略称。