→
法人限定 中日BIZナビ 無料トライアル受付中!

フリマアプリ

ふりまあぷり

2021年4月1日
印刷する

フリーマーケットアプリケーションの略称で、インターネットを介して個人間で私物を売り買いできるサービス。スマートフォンにアプリを導入して利用する。日本では2012年に「フリル」がサービスを始めた(楽天が買収し、18年に同社の「ラクマ」に統合)。13年に創業して最大手に成長したのがメルカリで、月に1度以上使う利用者は月間1745万人に上る(20年6月期)。ヤフーも19年に「PayPayフリマ」を始めた。各社は、出品者の売上金の一部を手数料として受け取る。フリマアプリの普及を背景に個人間取引(CtoC)の市場は拡大する一方で、人気商品を市場価格よりも大幅に高く売る転売や偽物、不良品などの出品を防ぐ対策が、各社の課題になっている。

PAGE TOP