→
法人限定 中日BIZナビ 無料トライアル受付中!

副業・兼業の促進

ふくぎょう・けんぎょうのそくしん

2021年4月1日
印刷する

政府が2017年にまとめた働き方改革実行計画で、副業や兼業について「新たな技術の開発」「起業の手段」「第2の人生の準備」として有効だとし、促進することを記した。18年には厚生労働省が「モデル就業規則」を見直し、従来は禁止していた副業・兼業を認める内容に改定した。経済同友会が19年に会員に行ったアンケートによると、副業・兼業を認めている企業は38.7%と、16年調査の17.7%から2倍以上に増えている。一方で認めていない企業の多くは理由として、長時間労働を防ぐための労務管理が難しいことを挙げた。

PAGE TOP