ふうらいぼう

愛知、岐阜、三重の東海地方を中心に店舗を展開する居酒屋チェーンで、甘辛いタレで味付けした手羽先(鶏の手羽先肉の唐揚げ)の「元祖」として知られる。1963(昭和38)年、北九州市出身の大坪健庫さん(故人)が名古屋市熱田区に1号店を開いた。当時は鶏のモモから胸までの半身を揚げた「ターザン焼き」を名物にしようと考えたが、ある日鶏肉を仕入れにいったところ半身の在庫がなく、急きょ代わりに手羽先を使ったという。半身に比べて小さくて食べやすく、独自のタレによる味付けでヒット商品となった。手羽先は市内のほかの居酒屋にも広まり、人気の名古屋めしとして定着した。
【関連用語】世界の山ちゃん