はいぶりっどしゃ(えいちぶい)

動力源にガソリンエンジンと電動モーターを併用した低公害自動車。ハイブリッドは「複合」という意味。エンジンの負荷が減るため燃料消費を抑制でき、二酸化炭素排出量の削減にもつながる。1997年12月にトヨタ自動車が初の量産型ハイブリッド車として「プリウス」を発売した。