→
法人限定 中日BIZナビ 無料トライアル受付中!

ナナちゃん人形

ななちゃんにんぎょう

2021年4月1日
印刷する
新型コロナの早期終息を願い、虹色のマスクに付け替えられたナナちゃん人形(2020年撮影)

新型コロナの早期終息を願い、虹色のマスクに付け替えられたナナちゃん人形(2020年撮影)

名古屋・名駅の名鉄百貨店前に立つ巨大マネキン(身長6.1メートル、体重600キロ)で、待ち合わせ場所として利用される。1973年、本館隣のセブン館(ヤング館に改称後、2011年に閉館)の開館1周年に合わせて設け、一般公募でセブン(7)にちなんだナナちゃんと名付けられた。百貨店の広報部員としてセール期に法被、クリスマスにサンタクロースの衣装などを着て盛り上げる。12年には名鉄グループ以外の企業も広告として利用できるように解禁し、缶コーヒーの缶を体にまとったり、映画のキャラクターに扮(ふん)したりと、七変化は名物として定着した。スイスのマネキン会社がデザインしたことから、百貨店内で長らく「スイス製」と伝えられてきたが、本紙取材で13年、スイスのマネキンのデザインを基に長野県伊那市の木材会社が製造したことがわかった。

PAGE TOP