なごやこーちん

愛知のブランド鶏。卵をよく産み、肉もおいしいことから「卵肉兼用種」に分類される。正式な品種名は「名古屋種」。1882(明治15)年ごろ、元尾張藩士の海部壮平、正秀兄弟が現在の小牧市で地鶏と中国産のバフコーチンを交配して誕生させた。「海部鶏」または黄色い羽にちなんで「薄毛」などと呼ばれ、尾張地域一帯で食されていた。その後、関西へ進出して話題を呼び、名古屋から来た鶏ということで「名古屋コーチン」として広まった。1905(明治38)年には日本家禽(かきん)協会が名古屋コーチンという名前で実用品種第1号に認定し、その名を不動にした。