なごやきんり

名古屋を中心とする東海地方の企業に対する金融機関の貸出金利が、全国の水準を大きく下回る現象を指す俗称。東海地方は借金やリスクを嫌う堅実な土地柄で企業が借金を抑えようとする傾向が強いこと、金融機関の競争が激しいことなどが背景にあるとされる。