どみなんとせんりゃく

一定のエリアに店舗を集中して出す戦略。その地域での認知度を一気に高められるほか、地域の特色に合わせた商品をそろえたり、物流コストを抑えたりできるといった利点がある。コンビニ業界では、最大手のセブン-イレブンが当初からこの戦略を進めてきたことで知られる。ドラッグストア業界でも各社が一地域に多くの店を出しながら、勢力圏を広げる競争を繰り広げている。一方で、店舗が集まりすぎて飽和状態になると、自社の店舗同士で顧客を取り合う競合が起きる弊害もある。