ちゅうがくせいにっき

1972(昭和47)年から2012年に放送されたNHK名古屋放送局制作の教育ドラマ。1962年から放送の「中学生次郎」が起源で、不登校やいじめなどをテーマに扱い、それぞれの時代の中学生の姿をありのままに描いてきた。出演者は公募の上、オーディションで選ばれた現役の中学生が務めた。加藤晴彦さん、近藤芳正さん、佐藤仁美さんらが生徒役を務め、今も俳優として活躍する卒業生も多い。