→
法人限定 中日BIZナビ 無料トライアル受付中! 法人限定 中日BIZナビ 無料トライアル受付中!

折込会社が靴下をつくりました

2021年12月20日 06:00
印刷する

地域密着のモノづくり

ひつじのくつした

ひつじのくつした

 愛知県で新聞折込広告やポスティング、自社紙媒体のデザイン制作など広告全般を取り扱う広告代理店である弊社(中日総合サービス)が、通販事業の商品として初の完全オリジナル商品を制作。地域密着の弊社ならではの繋がりを活かし、尾張支社のある一宮を含む愛知県尾張北西部から岐阜県西濃エリアに広がる日本最大の毛織物の産地「尾州」で制作しました。

 靴下の素材となる「ウールの糸」は一宮市にある創業1897年の老舗紡績会社 東和毛織株式会社にて独自の特殊な技術(AirySPUN)で紡がれたものを使用し、江南市にある靴下の製造卸売会社 株式会社レッグニット中村(協力工場)にて職人が一足ずつ丁寧に靴下に仕上げました。全ての工程を尾州産地で行ったまさに「尾州でうまれた」日本製のウールの靴下です。公益財団法人 一宮地場産業ファッションデザインセンターが展開する尾州で生産されたものであることを証明するためのマーク「尾州マーク」認定商品です。(承認番号1246号)

 特殊な技術で紡がれた糸は表面が微細小なパイルで覆われているため、糸自体に膨らみがあり多くの空気を含むのが特徴で、この糸で編まれた靴下は見た目より軽く驚くほどに暖かです。ふわふわとした優しい手触りでメリノウールの良さを感じていただけます。

 今回の靴下は愛知県一宮市で活動している「尾州のカレント」=https://bishu-current.jp'=という、毛織物日本最大級の産地、尾州(びしゅう)を盛り上げるために繊維会社に勤める若手が自主的に活動するサークルの繋がりで実現したものです。日頃から尾州のカレントの広報担当として活動している弊社社員が身近で「尾州産地でのものづくりのおもしろさ」や「尾州の技術力」「高品質さ」を知り、その中でも尾州が得意とする「毛織物(ウール)の心地よさ」をぜひ多くの人に知ってもらいたいと強く思い、尾州のカレントの参加企業である大鹿株式会社に勤めるメンバーに相談したところから実現に至りました。初めての靴下づくりは分からないことばかりでしたが、それぞれの道のプロに力を借りながら一つの商品をつくり上げることができました。詳しくはnote「広告を売らずにモノづくりをはじめた話」で綴っています。

 日ごろ商品として扱う広告とは違った切り口で、地域産業のことPRすることができて大変嬉しく思います。靴下という身近なもので一人でも多くの方に愛知県の産業のひとつである繊維産業、尾州産地のことを知っていただけたらと思います。

【 仕様 】
●サイズ/レディス 23-25cm・メンズ 25-27cm
●材質/ウール80%・ポリエステル18%・ポリウレタン2%
●カラー/ひつじ・ブラウン・チャコールグレー
●販売価格/1足2,800円(税込)
●12月下旬頃より販売開始

尾州にある老舗紡績工場

糸を紡績する機械

糸を紡績する機械

巨大な羊毛の束を、織物や編み物に使用できる細さまで加工していきます

尾州にある靴下工場

靴下を編む機械

靴下を編む機械

1日約50足(ペア)程度しか編むことのできない、旧式の低速な編み機。この機械ならではの風合いがあります。

お求め・お問い合わせ先

●お求めは…
ショッピングサイト CHUNICHI ハピなびストア
https://hapinavi.stores.jp/
●お問い合わせは…
中日総合サービス 営業企画部(052-212-9810)

PAGE TOP